自分で出来る深夜における酒類提供飲食店営業の届出

 バーや居酒屋は、深夜0時を超えての時間帯(日の出まで)に、お酒を提供する営業をすることができません。それをしたい場合、 予め所轄の警察署に『深夜における酒類提供飲食店営業の届出』というものをしなければいけません。

 

 お店の詳細な図面・求積図・設備状況図などを用意しないといけないため、自力での申請はなかなか困難ですが、時間と労を惜しまず、根性をもってすれば出来ないものではないと思います。

 

 申請に必要な書類は次のとおりです

 

 ①営業開始届出書 →書式ダウンロード(宮城県警HP)

 ②営業の方法 →書式ダウンロード(宮城県警HP)

 

 ③建物利用図 →書式無し 記入例

 ④営業所の平面図 →書式無し 記載例

 ⑤営業所の求積図 →書式無し 記載例

 ⑥営業所の求積表 →書式無し 記載例

 ⑦設備図(照明・音響) →書式無し 記載例

 ⑧客席凡例図(座席等) →書式無し 記載例

 

 ⑨申請者の住民票(外国人の場合は外国人登録証明書)

 ⑩営業所建物の権利を証明する書類

 ⑪食品営業許可の写し

 ⑫申請者が法人の場合は上記に加え更に定款、登記簿謄本及び役員全員の住民票

 (外国人登録証明書)

 宮城中央事務所では上記③~⑧の図面を税込21,600円(20㎡まで,以降10㎡毎10,800円加算)で作成させて頂くサービスを行っております。(現地調査を除く 現地調査必要な場合は21,600円加算)

 

 一番手間のかかる図面作成だけを格安で引き受けるサービスで、大変ご好評をいただいております。

 

 その他にも、申請書類の作成や、警察署への相談・立会同席を含んだフルサポートプランも、上記図面料金にプラス43,200円でご用意しております。お気軽にご相談下さい。

 

業界最速!! 最短3日で納品!!

 

福島県、山形県、岩手県南のお客様にも対応致します!!

(福島市・相馬市・山形市・天童市・一関市のお客様からも多数のご依頼をいただいております)

 

まずはお電話を ☎ 0120-522-509 携帯電話可・土日OK

豆知識

 深夜0時以降にお酒を出す店が、必ずこの届出をする必要があるかというと、答えはノーです。例えば、日の出以降に営業を開始するお店や、深夜にお酒を出す場合でも、お酒がメインではなく、別にその店のメインとなる料理がある場合、例えばラーメン屋さんやファミリーレストランが深夜にお酒を出す場合などは届出は不要です。

条件としては概ね次のとおりです。

 〇主食を提供していること(ピザ、お好み焼き)

 〇主食を常に提供していること

 〇主食を飲食する時間が長いこと

 

 住宅地においては営業が禁止されています。また各自治体の条例によって施設基準が設けられています。

 〇客室が2つ以上ある場合、それぞれの床面積が9.5平方メートル以上であるこ

  と。

 〇客室に見通しを妨げる設備がないこと。

 〇善良な風俗等を害するおそれのある写真、装飾等の設備がないこと。

 〇客室の出入口に施錠の設備がないこと。

 〇営業所の照度が20ルクス以上であること。

 〇騒音、振動の数値が条例で定める数値以下であること。

 〇ダンスをする踊り場がないこと。

などです。

 

 深夜酒類の届では、風俗営業(接待)は出来ません。逆に、風俗営業の許可を取ると、今度は深夜営業ができなくなります。原則として風俗営業と深夜酒類の両方を取ることはできず、どちらかを選ばなければいけないことになっています。

書式記載例

営業所平面図
01_eigyousho_heimenzu.pdf
PDFファイル 320.0 KB
客席 凡例
02_kyakuseki_hanrei.pdf
PDFファイル 54.4 KB
営業所求積図
03_eigyousho_kyuseki.pdf
PDFファイル 81.8 KB
求積図
04_kyusekizu.pdf
PDFファイル 87.8 KB
求積表
04_2_kyusekihyou.pdf
PDFファイル 57.0 KB
出入口凡例
05_deiriguchi_hanrei.pdf
PDFファイル 83.3 KB
建物配置略図
06_2kai_haichi_ryakuzu.pdf
PDFファイル 84.1 KB
建物利用図
07_tatemono_riyouzu.pdf
PDFファイル 88.5 KB
設備図
08_setsubizu.pdf
PDFファイル 87.0 KB
設備表
08_02_setsubihyou.pdf
PDFファイル 64.1 KB
防音設備
09_kabe_bouon.pdf
PDFファイル 220.1 KB