風俗営業とは

 風俗営業とは、客に遊興・飲食などのサービスを提供する営業の総称で、性風俗関連特殊営業(ソープランドやデリヘルなど)とは法律上区別されています。

 

 風俗営業を営もうとする方は、風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)によって、営業所の所在地を管轄する公安委員会の許可を受けなければならないことになっています。

 

 宮城県警の主な管轄はこちら

 

 風俗営業の種類は、風営法2条で「スナック」「キャバクラ」「バー」「クラブ」「キャバレー」「ダンスホール」「パチンコ店」「マージャン店」「ゲームセンター」等の業種に分類され、それに応じた種類の許可を取る必要があります。

 

 風俗営業は、大きく「飲食店営業」と「遊戯場営業」に分けられ、「飲食店営業」は、さらに「接待飲食店営業」と「接待のない飲食店営業」に分けられます。

 

 例えば、スナックやキャバクラは、「接待飲食店営業(2号営業)」に該当します。

 バーやクラブでも、店のスタッフ等が客の横に付く営業は「2号営業」に該当し、店のスタッフが客に付かずに踊るだけのお店等は「3号営業」に該当します。

風俗営業の種類

営業の種類 客に飲食をさせる 客に接待を行う 客にダンスをさせる
1号営業  キャバレー、ショーパブ
2号営業 ×

スナック、キャバクラ、

クラブ、ホストクラブ

3号営業 ×  ディスコ、ナイトクラブ
4号営業 × ×  ダンスホール

風俗営業許可の手続きについてはこちら


深夜酒類提供飲食店営業

営業の種類 客に飲食をさせる 客に接待を行う 客にダンスをさせる

深夜酒類

提供飲食

店営業

× ×

居酒屋、バー、

ガールズバー

深夜酒類提供飲食店届出の手続きについてはこちら

 

風俗営業(2号)と深夜酒類提供飲食店営業との違い

営業の種類 接待 営業時間 許可・届出

風俗営業(2号営業)

原則深夜0時まで

許可制

 深夜酒類提供飲食店営業

×
深夜0時以降も営業可能

届出制

 

 ちなみに、よく「接待(2号許可)と深夜酒類提供、両方の営業を同時に行いたい」というご相談をいただきますが、風営法は、2号許可と深酒営業届出の両立を認めていません。どちらか一つを選ばなければならないことになっています。

 案外、ここが難しいところでもあるのです。
 どの様な店にしていきたいのかをよく考えて、どちらかに決めましょう。

図面作成サポート 21,600円(税込)

※20㎡まで 以降10㎡毎10,800円加算 現地調査を除く

 

フルサポート   108,000円(税込)

※20㎡までの図面、現地調査、各種書類取寄せ、行政機関との打ち合わせ含む

 

業界最速!! 最短3日で納品!!

お問合せは

フリーダイヤル

☎ 0120 - 522 - 509

携帯電話可・土日通話OK

主な宮城県内の管轄一覧

警察署 管轄区域

 仙台中央警察署

☎ 022-222-7171

仙台市青葉区全域(北警察署管轄区域を除く)、仙台市若林区の一部(五橋3丁目、清水小路、新寺1丁目、東七番丁)

 仙台南警察署

☎ 022-246-7171

仙台市若林区全域(中央警察署管轄区域を除く)、仙台市太白区全域

 仙台北警察署

☎ 022-233-7171

仙台市青葉区の一部(旭ケ丘、愛子、荒巻、落合、折立、上杉、北山、木町、小松島、作並、台原、中江、中山、錦ケ丘、錦町、八幡、宮町、茂庭、山手町、吉成)

仙台東警察署

☎ 022-231-7171

仙台市宮城野区全域、仙台市若林区の一部(卸町、卸町東、鶴代町、六丁目)

泉警察署 

☎ 022-375-7171

仙台市泉区全域

塩釜警察署

☎ 022-362-4141

塩釜市、多賀城市、宮城郡(七ヶ浜町、松島町、利府町)

岩沼警察署

☎ 0223-22-4341

名取市、岩沼市

大和警察署

☎ 022-345-0101

黒川郡(大和町、大郷町、富谷町、大衡村)

石巻警察署

☎ 0225-95-4141

石巻市、東松島市、牡鹿郡(女川町)

古川警察署

☎ 0229-22-2311

大崎市

大河原警察署

☎ 0224-53-2211

柴田郡(大河原町、村田町、柴田町、川崎町)

白石警察署

☎ 0224-25-2138

白石市、刈田郡(蔵王町、七ヶ宿町)