自分で取れる風俗営業許可

 風俗営業とは何でしょうか?

 ”スナック”や”パブ”が必ず風俗営業許可を取らなければならないのでしょうか?

 

 警察はスナックだから良いとか、パブだから駄目といった判断の仕方をしません。要は、そのお店がお客さんの接待をしているかいないかで判断します。

風営法によれば「接待」とは「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなす」行為を指します。

 

 例を挙げると、次のようなものが該当します。

 〇談笑やお酌(隣に座らなければ良いのですが、向かい合っていても長時間になると接待に該当します。

 〇一緒に歌を歌う(特定少数のお客に歌うことを勧めたり、またお客が歌を歌っているとき、 手拍子をしたり囃し立てるのも接待に当たるとされます。

 〇ダンスを見せる

 〇一緒にゲームをする

 〇密着する(手を握ったり、食べ物をお客の口元まで運んだり、などは接待に当たります。)

 

 これらに該当する様であれば、それは「社交飲食店」という扱いになり、 風俗営業の許可を取る必要がでてきます

 

風俗営業許可申請に必要な書類は次のとおりです

 

 ①許可申請書 →書式ダウンロード(宮城県警HP)

 ②営業の方法 →書式ダウンロード(宮城県警HP)

 ③誓約書(申請者・管理者) →書式無し メールにてお問い合わせいただければ記入例をお送りします 

 ④建物利用図 →書式無し 記載例

 ⑤営業所の平面図 →書式無し 記載例

 ⑥営業所の求積図 →書式無し 記載例

 ⑦営業所の求積表 →書式無し 記載例

 ⑧設備図(照明・音響) →書式無し 記載例

 ⑨客席凡例図(座席等) →書式無し 記載例

 ⑩申請者の住民票(外国人の場合は外国人登録証明書)

 ⑪管理者の住民票(申請者と同一の場合不要) 

 ⑫申請者の身分証明書

 ⑬管理者の身分証明書(申請者と同一の場合不要)

 ⑭申請者の登記されていないことの証明書

 ⑮管理者の登記されていないことの証明書(申請者と同一の場合不要)

 ⑯申請者の顔写真2枚(縦3㎝・横2.4㎝)

 ⑰管理者の顔写真2枚(縦3㎝・横2.4㎝)(申請者と同一の場合不要)

 ⑱店舗周辺の略図

 ⑲建物登記簿謄本(建物自己所有の場合)

 ⑳使用承諾書(建物借用の場合)

 ㉑用途地域証明書

 ㉒食品営業許可の写し

 ㉓申請者が法人の場合は上記に加え更に定款、登記簿謄本及び役員全員の住民票

 (外国人登録証明書) 

 宮城中央法務事務所では上記④~⑨の図面を税別20,000円(20㎡まで,以降10㎡毎10,000円加算)で作成させて頂くサービスを行っております。(現地調査を除く 現地調査必要な場合は20,000円加算)

 

 その他にも、風俗営業許可申請書類の作成や、⑩~㉓の書類の取り寄せ、警察署への相談・立会同席を含んだフルサポートプランも、上記図面料金にプラス60,000円でご用意しております。お気軽にご相談下さい。

 

*福島県、山形県、岩手県南のお客様にも対応致します。